新宿(新宿区)の歯科・歯医者・矯正歯科なら川口歯科診療所

歯科・歯医者・矯正歯科なら待ち時間の少ない新宿(新宿区)の川口歯科診療所

川口歯科診療所|新宿(新宿区)の歯科・歯医者・矯正歯科

  • 審美歯科センター
  • インプラントセンター新宿
  • WEB初診予約
  • お問い合わせご相談
西新宿駅・都庁前駅・新宿駅西口
新宿アイランドタワー2階
03-3348-0800
一般歯科
  • 診療案内
  • インプラント
  • 予防歯科(歯のクリーニング)
  • ホワイトニング
  • 口腔外科(親知らずの抜歯)
  • CAD/CAM治療
  • 保険で白い歯
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 当院が選ばれる理由
  • 症例
  • 患者様の声
  • 医療費控除
  • プライバシーポリシー
  • スタッフ募集
  • サイトマップ
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 株式会社ヨシダ
  • 株式会社モリタ
  • メディア株式会社
  • デンツプライシロナ

【一般歯科】歯を残した時、抜いた時のメリット・デメリットをご説明

できるだけ削らない、抜かない治療

抜歯をしたあと、ショックを隠しきれない患者さまがいらっしゃいます。患者さまにとっても担当医師にとっても、できれば歯は抜きたくないものです。

当院ではできるだけ削らない、抜かない治療を心がけています。しかし、必ずしも歯を残すことがベスト な治療とは言い切れません。せっかく治療しても、すぐに状態が悪くなることが想定される場合は、早めに抜いてしまった方がいいケースもあります。もちろん 治療して治せるのであれば残します。残した時、抜いた時のメリット・デメリットを説明して、抜く・抜かないの判断は最終的に患者さまに選択していただきま す。

このページでは、当院の一般歯科についてご紹介します。

 

【当院の特長】痛みの少ない治療

表面麻酔と電動麻酔機を使用

レーザーによる無痛治療

麻酔医師による痛みの少ない治療

痛みの少ない治療治療中の痛みは患者さまにとっては苦痛でしかありません。当院では万全な痛み対策のもと、できるだけ痛みが少ない治療を心がけています。痛みが伴う治療には、事前に麻酔注射を打ち、痛みを与えないようにいたします。麻酔前には歯肉の粘膜に表面麻酔を塗り、感覚を麻痺させますので、針を刺したときのチクっとした痛みさえもありません。

薬を入れるときは電動麻酔機を使用します。一定速度でコントロールしながら注入しますので、麻酔液が入っていくときの痛みや不快感もありません。

またレーザー治療器を導入し、一般歯科でレーザー治療を行うようになりました。これにより痛みがない治療が実現し、予後の高い治療が可能になりました。

さらに当院には麻酔専門医が在籍していますので、患者さまのご希望に応じて、全身麻酔も行っています。痛みに敏感な方は、お気軽にご相談ください。

 

【当院の特長】分かりやすい説明。納得して治療を受けて欲しい

患者さまへの説明を重視

治療中、治療後も処置内容や次回の内容を説明

当院では納得できる治療を行うために、患者さまへの説明を重視しています。初診時には必ず治療計画を作成し、きちんと説明し、治療計画書は、患者さまにお渡しています。また治療方針は説明を聞いた上で、患者さまご自身に選んでいただきます。

また毎回の診療においても、説明を怠ることはありません。治療前にその日の処置内容を説明し、治療後には残りの治療回数と次回の治療内容をお伝えします。

そのせいでしょうか。当院の患者さまからは、「歯を抜かれた」ではなく「歯を抜いてもらった」という言葉をよくいただきます。納得の治療は、まず説明から。当院が大切にしているポリシーのひとつです。

 

【当院の特長】レーザーを使った高度な歯科治療

ピンポイントで患部に浸透し治癒力を高める

無痛治療を実現

治療の幅を広げる

レーザーを使った高度な歯科治療レーザー治療は「痛くない治療」として話題になり、最近では歯科治療の1つとしてすっかり確立されてきました。

当院では歯科医療用のレーザーを使った最先端治療を行っています。レーザーは特殊な光線を利用した安全性の高い医療機で、患部に照射するとピンポイントで浸透していきます。レーザー治療の最大のメリットは痛くないこと。さらに傷口が小さく、患部からの出血や縫合の必要もほとんどありませんので、患者さまのからだに優しい治療といえます。

>> オペレーザーPRO

レーザーを使った高度な歯科治療装置の種類により効果は異なりますが、主に口腔外科手術や口内炎などの治療に使用し、歯肉を切開したり、患部を殺菌・止血したり、組織を活性化させます。

なお最新型レーザーは歯を削ることができ、初期の虫歯治療でも使われるようになりました。下記のような症状がある方は、ぜひレーザー治療を試されてはいかがでしょうか?

>> Erwin AdvErL Evo

レーザー治療はこのような方にオススメ

知覚過敏 30秒ほどレーザーをあてるだけで改善します
口内炎 1カ所につき5~10秒レーザーをあてるだけで痛みがなくなり治りも早くなります
虫歯予防 レーザーで歯の表面を強化します。
歯周病(歯槽膿漏) レーザーで歯肉を活性化させ抵抗力をつけます
歯ぐきの黒ずみ レーザーを歯ぐきの表面にあてると、ピンク色の歯ぐきになります
顎関節症 15秒ほどレーザーをあてるだけで改善します
麻酔注射針が怖い方

麻酔を打つ前にレーザーをあてるだけで痛みが軽減されます

 

虫歯の進行と治療方法

Co(シーオー:初期虫歯)

虫歯の進行と治療方法歯が溶けはじめて虫歯になりはじめた状態です、初期虫歯(Co)ともいいます。ただし、まだ穴があいたり、黒くなっていません。この段階であればフッ素入りの歯みがき剤できちんと歯を磨けば、虫歯を再石灰化させることができます。

C1(エナメル質う触)

虫歯の進行と治療方法虫歯によって歯の表面にあるエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。この段階では象牙質に達していませんので痛みはありません。治療は虫歯になっている部位を最低限削り、白い詰め物を入れて終了します。

C2(象牙質う触)

虫歯の進行と治療方法虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。冷たいものや甘いものが沁み、触ると痛みを感じるようになり、麻酔を使って治療します。

虫歯の範囲が小さければ、白い詰め物を詰めて治療は終了します。一方、虫歯が内部で大きく広がっているときは麻酔をして歯を削り、型取りをして詰め物を作って装着します。


C3(神経まで達したう触)

虫歯の進行と治療方法虫歯がさらに深くなり神経まで到達した状態です。激しい痛みを伴い、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管治療を行います。神経を取り除き、根の中をキレイにしてから詰め物をします。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化しますので、根気よく通院しましょう。

 

C4(残根状態)

虫歯の進行と治療方法歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行い、被せ物をします。

 

pagetop