新宿(新宿区)の歯科・歯医者・矯正歯科なら川口歯科診療所

歯科・歯医者・矯正歯科なら待ち時間の少ない新宿(新宿区)の川口歯科診療所

川口歯科診療所|新宿(新宿区)の歯科・歯医者・矯正歯科

  • 審美歯科センター
  • インプラントセンター新宿
  • WEB初診予約
  • お問い合わせご相談
西新宿駅・都庁前駅・新宿駅西口
新宿アイランドタワー2階
03-3348-0800
歯周病
  • 診療案内
  • インプラント
  • 予防歯科(歯のクリーニング)
  • ホワイトニング
  • 口腔外科(親知らずの抜歯)
  • CAD/CAM治療
  • 保険で白い歯
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 当院が選ばれる理由
  • 症例
  • 患者様の声
  • 医療費控除
  • プライバシーポリシー
  • スタッフ募集
  • サイトマップ
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 株式会社ヨシダ
  • 株式会社モリタ
  • メディア株式会社
  • デンツプライシロナ

歯周外科と再生療法による高度な歯周病治療

歯周病についてあまりよくご存知でない方は、「歯周病は一生治らない病気」だと思い込んでいるようです。

いまは歯科医療が発達し、早期発見・治療を行えば、ほとんどの歯周病が完治できます。万一、重度の歯周病であっても再生療法など高度な治療を行えば、大切な歯を守ることができるのです。

当院では歯周病専門医による高度な歯周病治療を行っています。軽度の歯周病は徹底したブラッシング指導と歯石除去で改善します。また重度の歯周病には歯周外科治療やエムドゲインなどの高度な再生療法を行うことで、歯周病を改善しています。

このページでは、当院の歯周病治療をご紹介します。

 

歯周病の進行と治療方法とは?

初期症状がなく症状が現れたときは、かなり進行しています

ひどくなると、歯が抜け落ちてしまいます

軽度歯周病

歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。

この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。

中等度歯周病

口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。

この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をして行います。除石を数回行い、歯肉の状態が改善されたあとに検査を行います。

重度歯周病

さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

 


 

【当院の特長】歯周組織再生療法/進行した歯周病治療にも対応

歯周外科手術で重度の歯周病にも対応

「エムドゲイン」で歯周組織を再生する

レーザーを使った歯周病治療

重度の歯周病は歯肉の奥まで炎症が広がり、歯周組織が溶けはじめ、さらに悪化すると歯は抜け落ちてしまいます。これまでは重度の歯周病には有効な治療方法がありませんでした。

>> 株式会社モリタ Erwin AdvErL Evo

 

「エムドゲイン」を用いた歯周病治療

歯周組織再生療法の一つにエムドゲインがあります。エムドゲインとは、新しい歯周組織再生誘導材料で、若豚の歯胚(歯と歯周組織を形成する細胞)からできているたんぱく質の一種です。

歯周外科手術で歯肉を切開し、歯の骨にエムドゲインゲルを塗り、歯周組織の再生を誘発させ、健康な歯周組織を取り戻します。

 

レーザーを使った歯周病治療

歯周ポケット内の歯周病菌を減らし、
歯肉の腫れや痛み、出血を抑える

レーザーの殺菌効果によりで歯周ポケット内の歯周病菌を減らし、歯肉の腫れや痛み、出血を抑えます。レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって、傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があります。

レーザーをあてるだけでは根本の解決にはなりませんが、従来の方法と組み合わせることによって歯周病治療の治療効果の向上、治療期間の短縮が可能です。

レーザー治療は麻酔が必要でないことも多く、痛くない歯周病治療を行えるほか、口内炎の治療、歯ぐきの黒ずみの除去、歯のホワイトニングなどにも有効です。

 

歯周病治療の一例

【治療前】

歯周病の症例

下へ

【治療後】

歯周病の症例


 

pagetop